メニュー

白内障の治療

白内障は、目の中にある水晶体(レンズの役割をしています)が黄白色や茶褐色ににごり、視力が低下して物がかすんだり、ぼやけて見えたりする病気です。白内障で一番多い原因は、加齢によるものです。特別な原因がなくても年齢とともにどなたにでも起こります。

白内障の場合、下記のような自覚症状が現れることがあります

  • ものがかすんで見える、ぼやけて見える
  • まぶしくなる、車のライトがまぶしい
  • ものが二重、三重に見える
  • めがねやコンタクトで調整しても、文字などが読みづらい
  • 裸眼での視力が不安定である

白内障の治療

進行を遅らせる点眼薬はありますが、視力改善のためには手術治療が必要になります。各種検査によって、白内障の有無、程度を診断致しますが、手術が必要かどうかは患者さんが今の見え方でどの程度生活に困っているかが大事になります。現在の視力、白内障の程度、今後予想される進行具合などをご説明させて頂き、手術の適切なタイミングを一緒に相談して決めていきます。

白内障の手術について

手術が必要な場合は、当院での日帰り手術での対応が可能です。お気軽にご相談下さい。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME